私野 台詞

フリーゲームとおしゃべりとシチューが好きです!

努力と乳房と二人

みなさん、努力は報われると思いますか?

 

 

 

 

現代社会で生きていく限り、人間は受験や就職などの様々な場面で実力を試されます。

 

 

そのたびに自分の至らなさに気分を落とし、先天的な才に恵まれた者を見てこう思う人もいるでしょう。

 

 

 

 

「努力なんて意味がない」と。

 

 

 

 

 

 

しかし、私はそうは思いません。

 

 

 

 

この世には「一切努力をしない人」というのもいるのです。

 

 

あなたがもし天才と対峙する機会を得て勝利したいのならば、

まずその人の前にごろごろ寝そべる怠惰な者たちをなぎ倒す必要があります。

 

 

 

 

 

それを成し遂げるのに「努力」という刃はこれ以上ない武器となるでしょう。

 

 

 

 

 

もちろん私はこれを適当に申し上げているわけではありません。

はっきりとした根拠を持ってこの意見を述べております。

 

 

ではその根拠となる私の実体験をお話ししましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの・・・おっぱいの話なんですけどね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私には、ひなちゃん(仮)という友達がいます。

 

彼女は美意識が高く、運動やストレッチを毎日やっているため、

スラッとしててスレンダーでTHE・カッコイイ女!って感じの容姿をしています。

 

 

 

 

対して私はどちらかというと小柄な方なので、

ひなちゃんにいつも「あー最高のキャラデザ!ラブよー!!」と言ってハートを送っております。

 

 

 

しかし、ひなちゃんと私はよく周りに胸が痩せていることをいじられることが多く、

二人とも割とそれをコンプレックスに思っているんです。

 

 

 

 

また、ひなちゃんは乳房研究(胸の大きさを目測すること)を行なったそうで、

「どっちも貧乳だけどぎりぎりで台詞ちゃん(筆者)の方が大きいという結論に至った」と言って、彼女はさらにしょげていました。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、私も全然ボン・キュ・ボンじゃないんで、スタイル良くなりたい!と思っているのはひなちゃんと一緒です。

 

 

 

 

だから、私とひなちゃんは「いつか『両胸にメロンを入れてる?』って言われるくらいのイイ女になろうね~」という話をいつもしています。

 

 

 

 

研究の結果、若干胸に抱えたものの大きさに差があるとは分かりましたが、そんなことは些細な問題です。

 

 

 

 

小さき者というくくりの中で、私たちは常に対等な友人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日までは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、あの日、春休みが終わり二人の女子高生が再会したあの日、

 

ひなちゃんの乳房の質量は、私のソレを上回っていたのです。

 

 

 

 

 

なぜかって?理由は簡単、彼女は「努力」をしたのです。

 

 

先ほど述べた通り、もともとひなちゃんは運動やストレッチを頑張る子でした。

 

当然バストアップ運動的な、こう・・・両手を合わせてグ~ってするみたいなストレッチとか、あとマッサージ?とかもしていたそうです。

 

 

 

 

 

彼女は胸にメロンを実らせるために、きちんと水や肥料を与えていたのです。

 

 

 

 

 

 

一方、パソコンの前で猫背でじっとして過ごす毎日を送っているおバカさんがここにいます。私です。

 

 

 

みなさんとっくにお分かりでしょうが、

以前の乳房研究の結果がああだったのは、要するに私の方が体型がぽちゃぽちゃしていたからです。

 

 

 

 

そのハンデさえもひなちゃんは乗り越えました。

 

結果、私の怠慢のおっぱいは努力のおっぱいに負けたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、以上が私の実体験です。

 

 

・・・あれ、何の話だっけこれ?

 

 

えっと・・・

 

 

結論はつまり・・・

 

 

えー・・・

 

 

あれです、あれ。

 

 

 

 

 

 

みんな!できるだけがんばろう!!

寄せろ!!上げろーー!!!!うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

 

 

 

 

END.

 

※貧乳イジリって結構安易にされてしまうけど、よほど強固な信頼関係がないと不快にさせてしまう可能性が高いと思います。

このブログ読んで「人の体型いじってもいいんだ!」と思わないように!

だめです。なにとぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter

私野 台詞 (@very_anko_kirai) / Twitter